今日はリースとマウント

組み合わせさえ決まれば、細かく織り込んだユニットを黙々と作って組めば、そこそこ綺麗にできちゃうギャザリング。バランスがとっても難しいバスケットより簡単かも。ギャザリングは材料探しが仕事です。同じ花材でも5〜6本を寄せて作ってある苗と一本でできてるがっしり苗があります。どちらがよい苗だと思いますか?本来苗としてみれば、一本をがっしり作ってあるほうが、手間もかかっており上等?ところが、ギャザリングの場合はちょっと違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA