自然に見せながら大きくしない剪定

オープンガーデンにむけての準備の時にいつも茂り過ぎている光を入れたいと思うのですが、今切ると自然な風情が損なわれる。

ということでなかなか切ることができずにいました。

今年は今のタイミングで懐までさかのぼって枝を抜けば。光が入って

まずはそこから徒長枝がでます。

それをがまんして切らずにおいて

それを来年の主になる枝にしてもう一度仕立てれば

もともとある大きな枝をとってしまって縮めることができます。

それを繰り返せばだんだん落ち着いてきて

勢いの良すぎる枝がでにくくなってあまり剪定がいらなくなってくるんだって。

写真はNIWASAKUニワサク高橋直也さん

私と感性が合うので安心しておまかせできるんです。

すっきりして夏はひんやりとした感じは減りますが、

草花が育つスペースができました!

これで薔薇も少しはよくなりそう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA